スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日記】仮面ライダーは正義の味方!

 仮面ライダーとは……そう聞かれて「正義の味方」や「ヒーロー」と子供たちが答えるか。それを考えると憂鬱になるのが最近のライダーに対する私が持っているイメージです。
 本日友人とも話をしましたが、勧善懲悪ではなく、悪いライダーもいたり訳ありの敵がいたりと言うのが今の主流です。
 戦隊物はその分勧善懲悪で在ることが多いですね。まあ今回のゴーカイジャーは割と欲望に忠実であったりと正義の味方と言うだけではないところが魅力だったりもしますが。
 同じような話を一時間に2番組やるのはよろしくないかもしれません。
 けど、一方は戦隊(協力して絆で戦う)に対しライダーは本来孤高の戦士でした。数少ない理解者と共に自らを鍛え正義の為に悪と戦う孤独なヒーロー。それが仮面ライダーです。
 もとより戦隊とは別物だと思います。
 だから平成ライダーシリーズではクウガとWはまさに仮面ライダーであったと私は思っています。

 で、そんな話を何故するかというと、遂に迎えた仮面ライダー40周年。
 30周年の時にクウガがあったり、我々もサークル「桜並木」を起ち上げデータブックや漫画を作りました。

 そして今年は40周年。記念作品として映画が昨日から公開されています。
 それを早速見てきました。
 本当は見る気なんて無かったんです。
 けど、告知やキャストをみて見る気になりました。
 1号・2号・V3が見事揃ったキャストです。これを見なくて何が昭和ライダーファンかと自分を言い聞かせて行きました。

 詳しい感想は時間があるときに余裕が合ったら書くとして、一つだけ言わせていただきます。
 この映画は、まさに「仮面ライダー」です。
 私が大好きだった仮面ライダーそのものです。
 時の移動やメダル集めや他のライダー集合もいいです。
 ですが欲しかったのは、正義の味方「仮面ライダー」です。
 そして当時の仮面ライダーが甦ったと感じました。
 話の雰囲気、もちろんライダーの声、ショッカーのツッコミ処、なによりダブルライダーのかっこよさ。
 昭和のライダーを平成の技術で作ったと言えるでしょう。
 いやぁ、熱かったです。

 ショッカー首領の声……頑張っておられました。納谷五朗さん、お疲れ様です。

 あの映画のスピンオフで昭和ライダーだけで映画一本作って貰えないかな。
 ……無理か。

 ではでは~
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secre

プロフィール

並紀 朱鷺、

Author:並紀 朱鷺、
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。